第5回・fuie studio Tokyo ゲストマッチを開催しました

10月4日(火)に第5回・fuie studio Tokyo ゲストマッチを開催しました。

今回のゲストは金子真季二段です。当店スタッフの牛山(アマ六段)と対局し、黒番の牛山が3目勝ちしました!

囲碁ゲストマッチはこれで牛山の3勝2敗となりました。

 

次の第6回は木部夏生三段と10月18日(火)に当店にて行います。

※これまでの戦績はこちらのページから

 

こちらのページでは当日の対局の様子を紹介します。

 *棋譜の手順は以下URLをクリックしてください。(161手以下略)

https://gokifu.net/t2.php?s=5721665626114209


1〜50手目まで

黒14と白をハサミ、黒36まで流れで頭を出し合いました。白37と左下に先行された時に黒38とじっとコスミを選んだのが冷静な判断。

陣地を作ることで白からの反撃を防ぎ、黒40と反撃していきました。白は左上から中央につながっている一団と、左下からの一団の2グループがまだ安定していません。左辺から中央にかけての戦いが、中盤線の注目ポイントです。

 


51〜100手目まで

黒は白とのやりとりを通じて各所に確定地を作っていきます。

その中で黒66とマガリを打てたことで、白が苦しいかっこうになりました。白も71から味付けをして左辺で生きました。また白97と右下に打ち込んで地合いのバランスを取ろうとします。


101〜161手目まで

黒8でヒラキまで右下の戦いも落ち着き、以降は大ヨセのやりとりをしています。互いに先手ヨセを打ち合い、互角の形勢が続いていましたが、結果は黒番・牛山の3目勝ちでした。

「序盤で少し打ちづらくしたかもしれない。少なくとも序盤の27手目は、3線に小ゲイマで打つべきだった」とコメントしていました。

 

10月18日(火)開催・VS 木部夏生三段

次の第6回は、木部夏生三段がゲストです。10月18日(火)14時から当店にて行います。

3勝2敗から勝ち星を伸ばすことができるでしょうか。観戦自由ですので、気軽にご来店ください。

 

当店は日本らしさである「和」を大切にしており、空気清浄機fuieの販売だけでなく、「和」をテーマにした各企画を運営しています。

【fuie studio Tokyo 囲碁ゲストマッチ】は、日本の伝統文化である「囲碁」に焦点を当てた企画で、当店スタッフの牛山(アマ六段)が、プロ棋士に3子局のハンデで挑戦しています。